空室対策

空室に悩んでいるオーナー様は、こんなお悩みありませんか? ・空室がうまらない ・今は満室だけど将来が不安 ・家賃収入が減ってきた このようなお悩みを解決するには、まず空室対策をすることが効果的です。

空室対策の3つのポイント

札幌マネジメントサービスでは、空室対策でお困りのオーナー様に、賃貸経営のサポートをさせて頂いております。 当社は、下記の 3 つのポイントで空室対策をしております。

1. 募集条件の見直し

空室にお悩みのオーナー様は、まずは募集条件を見直しましょう。 入学や転勤の多い 1 ~ 3 月は、賃貸の需要が上がる時期です。 そのため、入居者が決まりやすい傾向があります。

その一方で、夏など需要が下がるシーズンは、募集条件の対策を練っておかなければ入居が決まり辛いでしょう。 特に築年数が古い物件は、適切な価格に設定しなければ、空室の期間が長くなってしまう可能性もあります。 そのため、早めに打つ手を変えることが大切です。 かといって極端に家賃を下げる必要はありません。 相場に適した価格を設定することで入居者が決まりやすくなります。 そこで、当社は市場に合った募集条件を提案することが可能です。 札幌市内で 10 年以上も地域に根差した当社だからこそ、このエリアの空室対策はお任せください。 また、お客様に限定感やお得感を出すと、競合の物件と差別化することができます。 例えば、下記のようにキャンペーンを実施することも対策の 1 つです。 ●フリーレントの提案 ●広告料の見直し ●家賃スライド(最近の傾向 9~10月に早まる) 当社は、家賃設定だけでなく、キャンペーンを活用したご提案をさせていただくことも可能です 募集条件が適しているかなど、些細なことでも大丈夫ですので、お気軽にご相談ください。

2. 定期清掃

空室対策として重要なポイントは、長期間居住してもらうことです。 退去者が出ると、次の入居者が決まるまでの家賃が入らず、部屋のクリーニングなど費用もかかってしまいます。

そのため、既存の入居者に長く住んでもらうことで、収益の増加に結びつきます。 長期間入居してもらうには、満足して生活できる環境を作ることがポイントです。 そのためには下記の点を改善しましょう。 ●共用灯が切れていないか ●ごみが落ちていないか ●放置物が置かれていないか ●ゴミ集積場が汚染されていないか ●雑草等の処理 共用部分が綺麗かどうかは、入居者の満足度に直結しますので、定期的に巡回することが大切です。 当社は、オーナー様に代わって共用部分の清掃を代行します。 当社が定期清掃やメンテナンスに訪問するのは、月に2回です。 そのため、共用部分を綺麗に保つことができるので、多数のオーナー様から安心できるとお声を頂いております。

3. リフォーム

お客様が内覧したときに、決め手となるのはお部屋の印象です。 もしも汚れがひどく、前の入居者の生活感が気になる部屋は、入居が決まりづらいでしょう。

退去後に部屋の修繕に入らずに、そのまま放置をしている物件も中にはあります。 しかし、入居者から選ばれるには、内覧したときの印象が大切です。 そのためには、リフォームをして綺麗な状態でお客様に見て頂く必要があります。 例えば、壁紙や畳を新しくするだけでも、かなり印象が良くなります。 ●築年数の古い物件は、 ●和室を洋室に変更する ●トイレをウォシュレットにする ●TVモニターホンに変える など手を加えると入居が決まりやすくなるケースがあります。 とはいえ、リフォームするには費用がかかるので、少し抵抗があるオーナー様も多いと思います。 しかし、リフォームすることで入居率が上がり、家賃も高く設定することができます。 なるべくコストを抑えて、お客様が求める部屋にリフォームすることが大切です。 リフォームのトレンドは日々変化します。 当社は、日々トレンドの調査をしておりますので、市場に合ったリフォームを提案することができます。 どこを改善するべきかお悩みの方は、ぜひ当社へご相談ください。